『暗幕のゲルニカ』 原田マハ ピカソの絵画をめぐる人々と、その思い

m-pon5

暗幕のゲルニカ暗幕のゲルニカ
原田 マハ

新潮社 2016-03-28
売り上げランキング : 4767

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



反戦のシンボルにして20世紀を代表する絵画、ピカソの“ゲルニカ”。
国連本部のロビーに飾られていたこの名画のタペストリーが、
2003年のある日、忽然と姿を消した…。
大戦前夜のパリと現代のNY、スペインが交錯する、華麗でスリリングな美術小説。


ピカソの大作画「ゲルニカ」を軸に当時のスペイン内乱、世界大戦、ナチスに絵画という反骨で挑むピカソ。


その愛人だったドラ。


時空を超え現代の9.11でのアメリカのイラクへの報復に反対する精神を持つキュレーターの女性主人公がニューヨークでの「ゲルニカ」展示を求め、翻弄するフィクションと絡め物語は進む。その構成や読者を離さない巧みな運びはマハさんならではだ。


「ゲルニカ」の持つ強烈なメッセージ。


文面からも、ほとばしるような絵への愛に溢れている。


ただー「平和のシンボル」「素晴らしい」などなどのピカソを巡る周りの人間たちの表現が、くどいくらいリピートされるのには少々逆に気持ちが引いてしまう部分だった。


個人的にはー幼き頃の主人公がはじめて「この絵」を目にし息を呑む瞬間!の描写だけでも、遥かに絵の持つ迫力が身震いする程に伝わったために、何度も物語の中「凄い」が繰り返されると逆に少々萎えてしまう。


また主人公は美術家だからこそ、美術家として「反戦」に貢献出来ること。「ゲルニカ」にこだわり「平和」の為に翻弄するのは分かる。分かるのだけども・・


しかし、9.11と結びつけ、あの様な大きな悲しい、想像を絶した世界が混乱している中「ピカソ」のゲルニカに、ただこだわり(キュレーターなのだから当然なのだろうけど)魚竿していくのは、なにやら案件がスムーズに運んでいく過程としても、サスペンスとして読んでも弱く、緊迫感がない。現実感がさほど感じられなかった。


スケールが大きすぎる割に、作者が多分伝えたかった「反戦」がテーマとしての物語としても、ぐっと訴えかけられる読み物として真に迫ってこなかった。なんとなく「使命感」が空回りしているように感じたからだ。


個人的には、ほぼノンフィクションであったピカソと愛人のドラの章の方が圧倒的に面白く読んだ。「ゲルニカ」をナチスに決して渡すまいとする決意。わたしはこちらを読んだだけでも十分な気がした。


さまざまな文献を参考にしながらある時は華麗に美しく、盛り上がる場面では緊迫感を増し、一級の娯楽ストーリーとして読ませるのはマハさんの力だと思う。


そして、いつも思うのですが「芸術」は「芸術」 「音楽」は「音楽」 平和の為に出来ること・・


それは、その分野での力で発信するしか出来ないし、実はそのことしか基本ないように思う。


わたしは本を読み、実は、それを一番、分かっていたのは何者でもない。「ピカソ」自身だったのだろうと。


だからー絵を入魂の思いで描いただろうし「さあ、後は、見た君たちが感じとって下さいよ。わたしにに出来る事はこれなのだ」とがが放たれている。


周りが大騒ぎし「絶賛」「平和のシンボルだ」と象徴にしてみたり、あるいは「考えたり」「何だ、これはと首をひねったり」「批判したり」絵を見て我々がなにをどう思うか、ピカソはそれを観る者に投げかけることで十分だったのではないか?


読んだ後、ある文献でピカソは91歳という長寿を生き、直前まで創作意欲を失わず「最も多彩な美術家」としてギネスに登録されているのを知った。


私生活では芸術家として御多分に漏れず波乱万丈だったピカソ。女性や妻、また子供なども、きっと彼の身に相当なインスピレーションを与えたのだろうなあ。


世の中の物事、艶のある私生活も彼の若々しさの源だったのだろう。いつも悠然とたたずむピカソの姿がマハさんの小説から見事に想像出来たのだ。


原田マハさんと言えば、題材する作品の振り幅の大きさ。そしてー小説を書く上での綿密な探究心!美術のキュレーターをしていた経歴などその分野でも力のある作家さんだ。


わたしも「キネマの神様」「奇跡の人」数冊は読んでいる。今回マハさんの本を読んでも思ったのだけれどーマハさんの小説の良いところは上記に記したように沢山ある。


ただー逆にいままで読ませて戴いたもので言えば、あまりに上手く事が運び、最後の1行までまとまりすぎている感じもするのだ。


もうすこしフライングがあったり肩すかしがあっても人生は素晴らしい。番狂わせの後の幸せ、ひとすじの希望を感じさせてくれるマハさんにも今後出会えたらいいな。 


そう思ってます。









関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply