ラジオの素敵なところ ジェットストリームなど あの頃に想いを寄せて

m-pon5

もう七月ですねぇ・・・も、もう半年過ぎてしまった!
早いですね。


書きたいことが沢山あって、何から書こうと思っているうちいつの間にか、次の出来事があって、、あれやもこれもと浮かんでくるうち、時間が経ってしまう日々。


けれど、嫌なことをするのは苦痛だけれど、好きなことに想いを好きなだけ巡らせるっていう程、幸せなことはない。だから、ブログに何を書こうって考えてる時間もまた至福の時ですよね。


リンゴ・スターの来日も決まり!我が家の柴わんこの避妊手術の日も決まり(ちょうど、もうすぐ七ヵ月の女の子です。今、おテンバ盛り真っ最中)そんなこんなの毎日。


ところで、最近、またラジオっていいなと思うのです


ラジオの思い出と言えば、学生時代、そしていまほど音楽が巷で溢れかえっていない時m-ponの世代は、テレビは勿論、ラジオのエア・チェックが欠かせなかった♪


小・中の頃は、好きな歌手を1位にしたくて、電リク番組に電話をかけまくったり(涙が出るほど、懐かしいぃ~)


洋楽に目覚めてからは、全米のトップ40を思い切りチェックしました。深夜はジェット・ストリームを聞いて、遠い外国に思いを馳せる。



ジェット・ストリーム 城達也 この「Mr.Lonley」と オープニングと城さんのナレーションを聴くだけで涙腺が緩んでしまう。あの頃は海外へ行くことなど夢のまた夢の学生でした。


ほかにも、あの頃、誰もが聞いていたオールナイト・ニッポン、それとー交互にザラザラの音を必死に拾ってセイ・ヤングなども聞きながら、勉強(たまに…笑)したり、うたた寝したりと楽しい思い出がいっぱいです。


oioi.jpg


色々なメディアが出て、個人が好きな媒体を選べるようになりました。もうほとんどテレビが個人的に「魅力」を失ってしまっているものですからどうしても、それ以外に目がいってしまう。


ラジオは、何より、「何かをしながら聴ける」っていうのが最大の特典だ。ふっと流れてくる音楽


カーペンターズが歌った「イエスタディ・ワンス・モア」の世界そのもの。


大好きな曲が、ふいにかかった時のあの喜び。


懐かしいあの頃。大好きだった人を思っていたあの頃。


ふいに流れるからこそ、手をとめて、思い出にそっと浸れる瞬間。


お喋りする人の楽しそうな声も心地いい。


なにか他のことをしながらでも、耳を傾けると、そこから溢れ出す音楽のひとときがある。


いまはインターネットで地方のラジオも聴けるし専門チャンネルもある。


ラジコという機能では、何でもどこにいてもその他の県の放送まで聞けちゃうそうで!


ラジオの良さを改めて感じる今日このごろです。


読書も相変わらず、活字大好き全開中。またしばし、綴っていこうと思います。


暑い日々です。皆様もお気をつけ下さいね(^-^)/





関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply