映画『ホワイト・クリスマス』ビング・クロスビー&ダニー・ケイ名曲が散りばめられた超大ヒット作

m-pon5

PC201277.jpg
『ホワイト・クリスマス』1954年製作/:White Christmas


パラマウントの新方式映画ヴィスタビジョン第1回作品。アーヴィング・バーリンの原案作詞作曲になる色彩ミュージカル。「ホワイト・クリスマス」をはじめとする劇中すべての曲を手掛けるのはアメリカを代表する作曲家アーヴィング・バーリン。ミュージカル黄金期大スター、ビング・クロスビー、ダニー・ケイ、ローズマリー・クルーニー、ヴェラ=エレンらに歌われる珠玉の名曲たちが物語を彩る。


最も売れたシングルとしてギネスに認定されている「ホワイト・クリスマス」この人々の幸せを願う素朴な歌が歌われる心温まるラストシーンはクリスマスシーズンにぴったり!


ボブとフィルは、戦争中の旧友で戦後はラジオに舞台にと活躍する芸人コンビ。あるホテルのショーに出演していた姉妹の芸人に好意を持った二人は、ホテルの経営者が戦時中の部隊長で経営困難に陥っていると知り、自分達の興行で援助しようと決めるが、姉妹の姉は 彼らが私利私欲からショウを企画していると誤解し、二人の元を去って行く。しかし最後には誤解も解け、心暖まるあの名曲「ホワイト・クリスマス」が雪の降る舞台で歌われる



クリスマスといえば『ホワイト・クリスマス』 『ホワイト・クリスマス』の歌声はビング・クロスビー…ピング・クロスビーといえば映画『ホワイト・クリスマス』! なんだか連想ゲームみたいですが全部つながってます。


1954年公開。その年最大の興行収入をはじき出し最高売り上げを記録した、いまでも愛され続けている黄金のミュージカル。


それもそのはずー当代きっての大スター、ビング・クロスビー。コンビ役に当時爆発的人気喜劇スターのダニー・ケイ。戦後、麗しい歌声でアメリカ一の女性シンガーといわれたローズ・マリー・クルーニー(あのジョージ・クルーニーの叔母さん!)脚線美とキレのあるダンスで人々を魅了したヴェラ・エレン、豪華四大スターたちが勢揃いしていたのだから!


PC201200.jpg
1944年クリスマス・イヴ。第二次大戦の真っ只中、元ブロードウエイのスター、ビング・クロスビー演じるボヴ。喜劇パフォーマーのダニー・ケイ演じるフイル。二人は仲間の兵士たちの前で得意の歌声とダンスを披露していた。


ストーリーは至ってシンプル。アメリカ人が苦い戦争経験を乗り越え、これからの人生鼓舞し生きよう、という先人に対するリスペクト。そこにキラキラッのショー・ビジネスの世界を散りばめた。"クリスマスの日にはみんなハッピーエンドだよ"深いことは考えない。


鮮やかな色彩に彩られた美しい映像と豪華絢爛な衣装、極上の天才的スター4人のプロ・センスにただ、ただ酔いしれる…。Blu-ray化で奇跡の映像がより鮮明に蘇りました。


PC201201.jpg
兵士たちはたのしく笑ったあとーボヴの歌う「ホワイト・クリスマス」を聞くと故郷にいる家族を思い出す。涙する者も。


PC201199.jpg
それは彼ら最愛の少尉であるウェイバリー指揮官もおなじ。


PC201208.jpg
戦闘の日々を戦った二人。「これからはデュオとしてやっていこう」というフィルのアドバイスを最初は断っていたボヴも渋々同意。戦後二人のパフォーマンスは大成功! 数々の舞台プロデューサーとしても力を発揮。


PC201217.jpg
そんな二人がフロリダのナイトクラブで出会ったのは軍隊時代の仲間ヘインズの姉妹、ベティとジュディだった。姉妹は息もピッタり歌とダンスを披露するスターで人気者。二人が歌う「シスターズ」も名曲~姉妹の魅力に惹きつけられたフィルは金髪の姉ベティとボヴをなんとかカップルにしたいと思いつき…!!


PC201218.jpg
姉ベティを演じるのはローズ・マリー・クルーニー。文句なしのスバラシイ歌声を披露。顔立ちもスキですねぇ~甥っ子俳優ジョージ・クルーニーにどことなく似ていると思いませんか? 両目間のバランス~男女の違いはあっても絶妙な美形配列!


PC201224.jpg
そんな折ーひょんなきっかけから姉妹二人がショウを披露するため向かうバーモンド州へボブとフィルも一緒に行くことに。そこは銀世界の街。シーズンには人でいっぱい。期待しながら駅を降りたものの、今シーズンは季節外れの暖かさ!! 観光客は人っこ一人いない状況、、、ウソだろ~ッ


PC201228.jpg
ガッカリしながら姉妹二人がショウを行うコテージ・ホテルに向かうとそこにいたのは…戦場で上官だった将軍!なんでも軍隊引退後は貯金を崩し家族でホテル経営をしているとのこと!


しかしー雪は降る気配なし。観光客は帰ってしまった。ホテル経営は倒産寸前。将軍のためになんとかしたいと考えたボヴとフィル。なんとニューヨークから自分たちの一団を丸ごと呼び、バーモンドのホテルでショウをやることを思いつく。早速、実行しようと四苦八苦するのだが、、


恋の行き違い、舞台のリハーサル、将軍が想う軍隊への郷愁なども織り交ぜて物語は飽きることなく進み、、


けれどーストーリー以上に華やかなのが華麗なダンスと歌曲。あり得ないと思うほど豪華な醍醐味。ロマンチックにSweetに絶品の歌声も交えながら、これぞ黄金期のミュージカル! ここぞとばかりハリウッドを魅せてくれる魔法のような作品。一度観ると、なんだか楽しくて癒されたい夜はずっと見ていたくなる。


PC201237.jpg
ヴェラ=エレンの脚線美!くるくる動く彼女のダンスの完璧さにウットリ。男性ならお色気にノックアウト。同性でも軽やかな身のこなしに目が釘付けに!


PC201244.jpg
ジョージ・チャキリスもチョイ役のダンサー役で出演。チラっと映るだけなのに明らかに端正な存在感がキラリ!


それにしてもー、、


PC201196.jpg
ビング・クロスビーの歌声はなぜこんなにも温かく人のこころを包み込むのでしょう。正直ー歌わないときは気の良さそうな~職場の上司に一人はいそうな気のいいオジサマ…(失礼w) それがひとたび歌い出すと一瞬でマジックがかかってしまう。


たとえばーフランク・シナトラの声は一本スジが通っているかのようハリがある。ナット・キング・コールの低音はヴェルヴェットのようにしなやかで極上。ビング・クロスビーの声というのは、、人のハートに語りかけるような、寒いこころに温かい一枚の毛布がふわっとかかるような、人にひとときの幸せをもたらす特別な声色の持ち主。


PC201222.jpg
そんな天性の名歌手グロスビーを終始引き立てるダニー・ケイの存在感!十分一人で主役を張れるケイ。ココではムリなくグロスビーの引き立て役に回り変芸自在な歌と小気味いいダンスを披露。芸達者な極み=ダニー・ケイなのだ。


PC201250.jpg
夜も深まり、コテージで開かれるショウもクライマックスへ


PC201261.jpg
クリスマスイブ。ウェイバリー将軍の元に元兵士たちも集まった。将軍の目にも涙。舞台上で愛を確認したベティとボブは婚約。ついでにジュディとフィルも愛を確かめあった。舞台後方の窓には雪が降り出している光景が…。


PC201260.jpg
誰もが「ホワイト・クリスマス」を歌うとき、バーモント州も雪に包まれて、、 みんなメリー・クリスマス。


考えてみれば公開年興行1位になったのもナットク。なぜなら、、もしタイム・スリップしてこの4人をおなじステージに立たせ舞台を見られるとしたらチケットはいくらになるのだろう??きっと天文学的数字に違いない。それを当時の観客は映画チケット1枚分で堪能できたのだ!ちなみに日本公開は1954年(昭和28年)12月17日。戦時もすこしずつ遠くなり日本の観客もスクリーンで夢の世界を味わったことでしょう。


Bing Crosby, White Christmas (1947)これ以上のスタンダード曲はないかも。


PC221281 (2)
所有の当時日本で発売されたシングル盤。多くの人たちのクリスマスを彩ってきた曲。


みなさまもメリー・クリスマス~雪もステキですが、どうか振りすぎないように願います。幸せなひとときを。






関連記事

Comments 2

There are no comments yet.
moondreams  
クリスマス・イヴ

こちらは昨真夜中?から大雪が降り今朝はホワイト・クリスマス・イヴになりました。

ピング・クロスビーの『ホワイト・クリスマス』今日は世界中で一番聴かれますね。
m-pon5さんのシングル盤は当時のものなんだー凄い。

歌は何度も聴いているけどこの映画は見てません。そんな僕みたいな日本人はきっと
大勢いるでしょう(笑)ステージ・ショーの話の映画なんだね。ご紹介ありがとう。

寒い日々が続きますが、穏やかで素敵なクリスマスをお過ごしください。
Happy Holidays & Merry Christmas!

2022/12/24 (Sat) 16:56 | EDIT | REPLY |   
m-pon5
m-pon5  
>クリスマス・イヴ

>moondreamsさん

イヴは数年ぶりの大雪でしたね。そちらは大丈夫でしたでしょうか?こちらは昼過ぎには晴れ間が広がって無事にクリスマスの買い出しにも行けて安心しました。雪はチラチラと舞うくらいの方がロマンチックで温かい気持ちになりますよね。

写真のレコードは映画公開時に発売されたデッカレコードのシングル盤になります~何十年か前に中古レコード店で見つけて思わず「オッ♡」と購入でした。「ホワイト・クリスマス」は戦前の映画『スイング・ホテル』(1942年)で歌われたのが最初だったのですよね。それがみるみるうちに大ヒットして戦後にこのように映画も制作されて。様々なアーティストがカヴァーしてますが個人的にはや・は・り元祖クロスビーが一番ですね^v^年末まであと数日~moondreamsさんも穏やかで過ごされますように。コメントありがとうございますe-446

2022/12/25 (Sun) 22:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply