ビー・ジーズ「栄光の軌跡」公開!世界を制した奇跡のコーラス 逆境ときらめきの歴史!

m-pon5


PB080707.jpg

「ビー・ジーズ 栄光の軌跡」 The Bee Gees: How Can You Mend a Broken Heart


2022年11月25日から日本での劇場公開決定。半世紀以上にも渡り⾳楽業界、時代の変遷を生き延び数々の名曲を作り続けた兄弟グループ「ビー・ジーズ」の軌跡を描いたドキュメンタリー。


英国マン島に生まれたバリー・ギブと双子の弟ロビンとモーリスの3兄弟によるビー・ジーズ。少年時代から2003年にモーリスが他界するまで半世紀以上にわたるキャリアを築き、ジャンルと時代を超えて多くのアーティストに影響を与えた。全世界アルバム2億2千万枚超を売り上げ、書いた曲は1,100曲以上、そのうち全英・⽶ナンバーワン・ヒットが20曲、トップ10ヒットが70曲という輝かしい業績を誇り、ジャンルと時代を超えて⽂化に多⼤な影響を与えたバンド/パフォーマー、ソングライター、ビー・ジーズ


なぜ彼らが特別な存在なのか?時代の変遷を⽣き延び、⼈の⼼に触れて、⼈⽣のサウンドトラックとなる数々の名曲を⽣み出し続けた「ビー・ジーズ」の軌跡。貴重な写真や未公開映像を通して名曲誕生の瞬間や、エリック・クラプトン、ノエル・ギャラガー、クリス・マーティンらビー・ジーズを敬愛するアーティストたちが彼らについて語る。監督は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』などのプロデューサー、フランク・マーシャル。 2020年製作/111分/アメリカ


ビー・ジーズのドキュメンタリー映画の公開が決定しました!


19da2903ae3376a7082d4617f910bf31.jpg
ビー・ジーズ、大好き サイコー!! ×百倍 いえ、二百倍!! いや、それでも足りないくらい。( 左ロビン・ギブ 中央バリー・ギブ 右モーリス・ギブ)


オアシスのノエルが 「ギブ兄弟の歌声は誰にも買えない楽器だ」と讃えた言葉どおり!


ビー・ジーズ。彼らの曲は落ち込んでいるときには優しく癒してくれる。ハッピーなときは、いつなんどき、どこにいても、さらなるエネルギーを与えてくれる。ギブ兄弟が作り出すキャッチーなメロディーライン。この世のものとは思えないほどのハイトーンヴォイス。麗しの美声コーラスが奏でるロマンチックなバラード。かと思えば身もこころもノリノリなGrooveが包み込む。


もし、、ビー・ジーズが存在しなかったら、ベトナムを引きずったままの世界はもっと暗いものだったのではないかと思う。彼らは70年代以降をより懐かしむ輝かしい時代として残してくれた。ビー・ジーズの普遍的な極上メロディーと絶世のハーモニー。時代を超えてなお不滅。衰えない以上に往年のファンはもちろん、いまも世界中の若者たちをも虜にし続けている。


PB080726.jpg
所有の当時はじめて購入したビー・ジーズのシングル盤「恋のナイト・フィーバー」「ステイン・アライブ」大・大・大ヒット!右ジャケお髭のないバリー・ギブ。日本人から見ても間違いなくハンサムな方でした~




Bee Gees - Stayin' Alive 9億に届く再生回数! PVを見たのはMTV放映がスタートした80年代に入ってから。なによりビックリしたのがバリー・ギブの足の長さ! とんでもなくナガイ、ナガーイ! !(笑)プラス真っ白でピカピカ完璧な歯並び!


一緒に見ていた妹がウットリ溜息をついて一言「ハンサムねえー(当時イケメンという言葉はない)このスタイルは日本人がマネしたくてもゼッタイにムリ」77年発売の「ステイン・アライブ」にPVが存在していたことにも驚いたものだ。ビー・ジーズの画期的な戦略は遥か先を読んでいたのだと感心しきり。


当時ビー・ジーズの顔と名前がようやく一致し出したころでもありました。じつはー最初は毛髪のフサフサ具合<(_ _)>のためか背の高いバリー・ギブがいちばん末っ子で双子のロビンとモーリスの方が兄だと思っていたという…なんという無知(ハジ汗)まったく逆だった。


わたしとビー・ジーズとの出会い、、以前コチラの記事にもチラリと綴ったけれど→「ブルース・リーとジョーズとフィーバー」世間のご多聞に漏れず、世界中、日本をも席巻していた映画「サタデー・ナイト・フィーバー」


小学生でもみんな知っていたフィーバー熱。ラジオ、テレビから流れまくるビー・ジーズのヒット・ナンバー。クラスに「サタデー・ナイトフィーバー」二枚組サントラをたまたま持っている子がいた。「聴きたい子には貸してあげるヨ。だけどゼッタイ傷つけないようにネ」そのお達しを守りながら、わたしの元にもついに回ってきたレコード。プレイヤーにソッと針を落としたときのカンゲキ 「これがフィーバーだ!」


ebd7da134e94e57085ce3207718b3967.jpg
洋楽ファンになりたてのわたしにとって彼らのサウンドはロックともpopsとも違う、未知の大人の世界にスポッと入り込んだような新鮮さ。そのときの自分の表情をマンガで表したら、目から「ときめき星」がキラキラ飛んでいたに違いない。


前後ー映画「小さな恋のメロディ」のサントラもイギリス時代のビー・ジーズが担当していたことを知った遅れてきた世代のわたしたち。ディスコサウンドとは異なるフィーリング・エイジともとれる珠玉の名曲を作っていたフリ幅に感動。ビー・ジーズはさらに『特別』な響きをもつバンドになった。


元々ー兄弟は英国王室属領マン島生まれ。プロデビューは63年。パリー16歳。双子のモーリスとロビンはなんと13歳。しかもバリーの全自作曲!!いかに彼らが音楽的才能に抜きん出ていた兄弟だったかが分かる。


67年に英国にわたりレコード契約。イギリス時代は5人組。兄弟以外二人のメンバーはヴィンス・メロニー、コリン・ピーターセン。


PB080694.jpg
67年ヒットシングル盤「マサチューセッツ」みんな若いですよね~イエロー・カラーのオシャレなジャケットがひときわ目をひく。個性あふれるジャケもレコード盤の楽しみのひとつ。


70年までの「メロディフェア」「若葉のころ」など名曲が収まる大作アルバムが、初期の最高傑作といわれる「オデッサ」ファンならずとも必聴名盤。ぜひ聴いてみてください。




68年エド・サリバンショーで「words」を演奏するビー・ジーズ。目の覚めるようなカラー映像、バリー・ギブの男前っぷり。初期バンド形態の彼らをカラーで見れる姿は超貴重。バリーはこのころからほんとにイケメンですね


52fb3fe5cf0167c66eb091c59e58f48a.jpg
その後バンド二人が抜け兄弟だけに。さらにロビンまでソロ活動を理由に脱退。解散危機に陥ったことも。しかし再びロビンも戻り3兄弟で再スタート!


ビー・ジーズの50年以上の長い歴史は紆余曲折。デビューから70年までの英国期、72年辺りまでのヒット時期、低迷期、「サタデーナイトー」の絶頂期。ふたたび下降期から安定期~おおまかに7期くらいに分けられるほど波乱と起伏の繰り返し。


ビー・ジーズサウンドが世界を一色に染めた頂点。きっかけは間違いなくコレ!


PB080738.jpg
「サタデー・ナイト・フィーバー」同サントラから6曲が全米チャート1位。アルバムは半年間トップを持続。90年代頭だけで2500万以上を売り上げていたのだから、現在は何千万枚に到達しているのだろうー


ビージーズがサントラを手掛けるきっかけ。それは「ジーザス・クライスト・スーパー」のプロデュースを担当もしていた彼らの長年マネージャー、バード・ストックウッドだった。すでに方向転換を図りディスコ・サウンドを手がけていたバリーに「土曜の夜の祭典」という原作の映画に使用する曲を書いてくれないかと頼んだことがすべてのはじまり。


映画とヒットチューンが合体する新しい映画音楽の歴史の一歩が踏み出された。タイミングが1年、半年でもズレていたら世のサントラ・ヒストリーは時が止まったままだったかも。まさに奇跡!


761345bf38819c06d3de5ab35fd22cf8.jpg
3兄弟の下にもうひとり弟(いちばん右)がいたことをご存じでしょうか? 名前はアンディ・ギブ。これまた超絶ハンサムな容姿、兄たちとの競作で全米NO1ヒットを3曲も出してしまった。甘いルックスも注目されスーパー・アイドルに。77年から78年にかけギブ・ファミリーの曲が入れ替わり立ち代わりチャート席巻するという異常事態ともいえる現象が!


ディスコブームに対する批判もあったけれど、77年~から約2年、大衆もグラミーもビー・ジーズに対して賞賛を惜しまなかった。


PB080734 (2)
↑ちなみに日本でもビー・ジーズ人気がどれほどすさまじかったのか、表すのが所有洋画雑誌の人気投票。時代の一ページ。一般的な洋画・洋楽ファンが選んだポピュラーな物差し。


映画、音楽各部門にビー・ジーズの名前が~ハガキ投票1か月で4千票! SNSにカンタンに投稿できるいまと違い、手間暇をかけてファンがセッセとハガキを書いていたからこその大衆バロメーター。ましてや洋楽や洋画を愛し雑誌を購入している人たちは、それだけでクラスではレア、まだまだコアな一部だった時代に。


に、しても、、ずっと感じているのは、、、ビー・ジーズの日本での評価、欧米と比較しても、すこし低すぎやしませんか??


アバにもながらく暗黒な時代があったことは、いま知らない世代の方が日本にも多いのかも、、


たしかにー80年代ディスコサウンドがチャートから消滅したころから彼らの話題も消滅。しかしー「観衆の興味は一瞬で消えてなくなる。しかし自分には作曲する力があった」とバリー自身が語るほど、彼らはアルバム制作以外にバーブラ・ストライザンド、ディオンヌ・ワーウィックら大物シンガーに曲を提供。レコード会社もワーナーへ移籍。ファンは地味ながら確実なベテラン枠の彼らのきらめきの活躍についていった。


ー80年代後半、久々のチャートイン復活、「ONE」が再び米でヒットしたときはウレシカッター! コンサート活動、再評価は高まり続け、97年にはロック殿堂入り。現在もビージーズ曲のいくつもがyoutubeで数億超えしているほど。70年代組ではアバやクイーンと軒並み人気を競っている。


 

Barbra Streisand - Woman in Love  バリーとロビンがバーブラと競作した80年発売「Guilty」彼女にとっても最大のセールスに。中でも全米1位になった「Woman in Love」は以降ー「日本の○○の曲がコレにソックリ」など、ココ日本でもつねに音楽ファンの話題になってきた。たしかに…どこかで聴き馴染みあるメロディー~みなさんは、どの曲を思い浮かべるだろう?


アルバム自体80年代AORエッセンスてんこもり。影響をはからずも受けていた日本の音楽家は多いかも。今回、UPはしないけれど、弟アンディ・ギブが放った70年代ヒット曲も、「アレ?日本の曲で聴いたような…」というフレーズが散りばめられている。


誤解を恐れずにいえば、、みながマネしたくなる(知ってか知らずか)美メロ・ラインの神髄こそがバリー・ギブ。彼のほとばしる作曲家としての非凡の才能を表している。ーでなければ、世界で伊達に二億枚も売れないのだ。


最後にービージーズでもっとも高い評価と三億超えの再生回数、三万件以上のコメントを誇るのが、、


~全米NO1曲のひとつ 「Too Much Heaven」 邦題「失われた愛の世界」




Bee Gees - Too Much Heaven  これぞビー・ジーズの神髄です。メロウ絶品のバラード。バリーの信じられないファルセット・ヴォイス! ギブ兄弟のハーモニーも完璧。とろけそう。"君がいるから僕の世界がある"~好きなひとに言われたら泣いてしまいます。絶頂期アルバム「Spirits Have Flyn」からのシングルカットNO1曲。


最近ー欧米の新世代の若者たちが、はじめて観る往年の映画、名曲を聴き、反応したときのその表情を「リアクション動画」として多くUpしている。ときどきオモシロくて見ているのだけれど、、「Too Much Heaven 」動画の多いこと、多いこと!


女の子は泣いてしまう。カンゲキのあまりに。男性は声量と美声におどろき天を仰ぐ。しかもビー・ジーズのリアクション動画をアップしているのはブラック系が多い。ソウル十八番の先輩シンガーをたくさん知る黒人の若者たちがビー・ジーズのハーモニーを聴き涙する。コレはもう太鼓判!


マイケル・ジャクソンも彼らを敬愛し影響をウケたとハッキリと語り、91年ビー・ジーズ出演テレビ番組にはケニー・ロジャースらと共に感謝のメッセージまで電話で寄せている。ビー・ジーズの歌声が奏でるソウルフィーリングは人種の垣根を超えていたとつくづく思う。


さらに、映画の公開と同時に嬉しいニュースも!


1967年世界デビュー・アルバム『Bee Gees’ 1st ビー・ジーズ・ファースト』から2001年最後のアルバム『This Is Where I Came In ディス・イズ・ホエア・アイ・ケイム・イン』まで20枚のオリジナル・アルバム日本盤が11月23日にSHM-CD仕様でリリースされることが決定!


ベスト盤はいくつも発売されてきたけれど、リマスターのオリジナルが出なかった。「レコード会社さんナニやってるの」とファンから長らく不満の声が上がっていたのだ。コレでいままで旧規格ゆえためらっていたいくつかのアルバムも購入できそう!配信もされるのでしょうか。


01a56cd53c8472d4d8883681901d38e8.jpg
個人的にいまでも…とても後悔していること。それは89年の来日公演に仕事の都合で行けなかったこと。じつはビージーズ絶頂期70年代後半にも、彼らを日本に呼ぼうとプロモーターがかなり頑張ったらしい。しかし当時のギャランティは当たり前だけれど破格、スーパーすぎて諦めたという伝説もあるほど。やっと来日してくれた89年だったのに…まさかそれが3人揃った最後の来日になるなんて…。


兄弟でいちばん下だったアンディは88年に30歳の若さで、双子のモーリスは2003年、ロビンも2012年に旅立ってしまった。それでも現在、ビー・ジーズ・サウンドをひとり引き継ぐバリー。兄弟たちを先に失った悲しみはどれほどか。実質的にビー・ジーズとして音楽活動はしていないけれど、ソロとして元気な姿でグラミー賞やライブに登場。ファンに熱狂的に迎えられている。


b3080e801b8540a83f4afb5976305d4a (1)
バリーの愛する家族たち、兄弟たちの子供も一緒に仲睦まじい姿を見せてくれている。世界中にビー・ジーズサウンドはいまも届けられ、万人のこころを変わらぬ活気と感動で揺さぶり続ける。ビー・ジーズの輝くきらめきと情熱、珠玉のメロディーは永久に色褪せることはない。Bee Gees "Stayin' Alive"  Thanks & Forever!






関連記事

Comments 8

There are no comments yet.
AKISSH  
甘酸っぱく懐かしい

ブログを読んで頂いているm-pon5さんには、Akisshはガチガチのインストミュージック好みと思われているしょう。
でも、The Bee Geesと聞くと、胸の奥が甘酸っぱく懐かしくなるのです。
中学生の日曜日の朝、両親にお金をねだって、その足で秋葉原に行って買ったのが、Bee Geesのオムニバス盤。生まれて初めて買ったLPでした。
ハードロックより、むしろこういうポップスが大好きなのです。自分でも意外です。
3人(4人)が並んで笑うことは2度とないと思うと、とても切なくなります。
89年のことは、本当に諦めきれないでしょうね。

(Barbra Streisand のGuilty、好きすぎてこれだけでブログ1回書けます。
LP自体も好きですが、曲のGuiltyが。)

2022/11/12 (Sat) 22:06 | EDIT | REPLY |   
moondreams  
メロディ・フェア

ビー・ジーズのドキュメンタリー映画公開や20枚のオリジナル・アルバムが再発売と
彼らのファンv-347m-pon5さんも嬉しい年末になってよかったね。

日本独自の大ヒット映画『小さな恋のメロディ』Melody(1971・英)は何度もリバイバル
上映されたり名画座でも人気のプログラム、ローティーン向け映画でした。
映画好き少年達にとっては(僕も入ってます。笑)主演のトレイシー・ハイドが、アイドル
人気で、来日したり、僕も取っていた映画雑誌ロードショー誌でも何度も表紙やグラビアを
飾るほど過熱気味の人気者でしたね。

映画の感動を盛り上げる挿入曲としてビー・ジーズの“メロディ・フェア”や“若葉のころ”
など共に爽やかなラストを飾った“ティーチ・ユア・チルドレン“も好感をもった曲でした。

2022/11/13 (Sun) 10:00 | EDIT | REPLY |   
m-pon5
m-pon5  
>甘酸っぱく懐かしい

>AKISSHさん

>中学のときーはじめて購入したLPがBee Geesのオムニバス~
もはや、そのお話だけでポロリと涙が出そうなくらい胸の奥がキュンとしました。
おっしゃる通り、Bee Geesの圧巻ハーモニーと美メロディーはいつ聴いても甘酸っぱくて懐かしくて、日々を宝石のようにキラキラと輝かせてくれるのですよね。心が洗われるし元気でるしサイコーです。

すべての音楽に精通しているAKISSHさんが大好きなのが麗しのポップス!
根底のひとつにBee Geesサウンドの存在が~万人を虜にする魅力はジャンルを超えるのですね。

バーブラの「Guilty」~~うわ~やはりお聴きになられてましたか~(感涙)ぜひ、ぜひ記事にしてほしいです~バリーとバーブラの極上コラボ~ああ~聴くだけでとろける。大人、大人~大人の世界!
当時この洗練された音を少しでも吸収したいと思った音楽業界の人は多かったのではないかなって。
AKISSHさん、Bee Geesがますます大好きになるコメントありがとうございますe-446

2022/11/13 (Sun) 18:33 | EDIT | REPLY |   
m-pon5
m-pon5  
>メロディ・フェア

>moondreamsさん

映画大スキ少年のmoondreamsさんにとっても「小さな恋のメロディ」はスペシャルな映画だったのですねe-446

ご存じかもしれませんが、ビー・ジーズ映画公開記念で、先日トレイシー&マーク・レスターが数年ぶり来日~ファンを集めて「恋メロ」特別上映会が開かれたようです。会場にいた方々がウラヤマシイ~そう、そう~雑誌「ロードショー」ではリバイバル、テレビ放映があるたびトレイシーも「恋メロ」も人気投票1位でしたね~~公開から約50年、ここまでくると殿堂入りのエバーグリーン作品ですよね。

制作者のパットナム氏が「音楽は世界の共通語。だから恋メロは一種のミュージカル映画だ」って!ほんとその言葉どおり、シーンごとにビー・ジーズの音楽が魔法のようにマッチして瑞々しくて。
おっしゃる通り、感動を盛り上げてくれて、CSN&Yが流れるラストも爽やかでしたね。
ビー・ジーズのハーモニーと楽曲の比類ない美しさはどこからくるのかと温かくて癒され続けています~
moondreamsさん懐かしさあふれるコメントありがとうございます~

2022/11/13 (Sun) 19:22 | EDIT | REPLY |   
ももPAPA  
ステイン・アライブ

m-pon5さん お久しぶりです。

ビージーズの"ステイン・アライブ"

この映画、最近スターチャンネルで放映され、まだ観てないんですが撮ってます。
ビージーズというと、メロディ・フェアやマサチューセッツのような、メロディ
アスな楽曲が多く、モーリス・ギブの甘いVocalが印象的ですが、メンバー全員が歌えるところが強いですね。

そのビージーズが、ステイン・アライブを放ったときは衝撃的でした。
YouTubeにPVが上がってますが、ファンクなビートに乗って歌い込むモーリスがカッコよくて、鳥肌が立ったのがついきのうのようです。
撮った映画を観るのが楽しみです。

2022/11/14 (Mon) 16:39 | EDIT | REPLY |   
m-pon5
m-pon5  
>ステイン・アライブ

>ももPAPAさん

「サタデー・ナイト・フィーバー」~複雑化した社会に生きる、しがないペンキ屋の若者が土曜の夜だけは解放されディスコ・キングになれるという…ビー・ジーズサウンドと70年代が奇跡的にマッチしている、ほろ苦さと憧れの青春映画の名作です~ぜひぜひご覧になってみてくださいね

60年代からビー・ジーズをリアルで聴いてきた方は音楽の変化にきっと驚かれたことでしょうね。
「ステインー」のリードはバリーですが、おっしゃる通りロビンのリードも儚げでたおやか美しいし、モーリスのコーラスも~サウンドが変化しても3人息のあったハーモニーと美メロディーラインは永遠に変わることはなかったですねe-446ももPAPAさんコメントありがとうございます~




2022/11/14 (Mon) 22:58 | EDIT | REPLY |   
ギターマジシャン  
ビージーズ

以前にもコメントしましたが、ビージーズは「メロディ・フェア」とかの爽やかなフォークのハーモニーのイメージだったので、「サタデー・ナイト・フィーバー」のファルセットのディスコ調には正直面くらいました。

映画そのものは、甘酸っぱい青春だったり、格差社会の世相だったりと名作ですし、そのディスコ調の音楽が見事にマッチしていましたが、やはりバラードの「愛はきらめきの中に」は珠玉の名曲で、夜が明けてくる地下鉄の場面はウルウルきます。

映画ですと、ピーター・フランプトンやエアロスミスと共演して、ビートルズをカバーした「サージェントペパーズ」、すごく好きでした。
(これも、以前にコメントしましたね)

2022/11/18 (Fri) 00:04 | EDIT | REPLY |   
m-pon5
m-pon5  
>ビージーズ

>ギターマジシャンさん

よりオリジナリティを出すにはどうすればと本人たちも努力と思考を重ねていたようですね。個人的には60年代が新緑のきらきらだとすると、70年代半ばからはミラーボールのキラキラ!どちらも大好きなのです~爽やかなハーモニーとバリーの七色の声(もちろんルックスもv)が、HOTで美しくてたまりません~大人になって聴くほど古びないし色褪せないですね。

おっしゃるとおり「愛はきらめきの中に」ほんとに極上の名曲ですね
歌詞も初恋を思わせて透き通っているのですよね。♪朝日に照らされたキミの瞳。キミは夏のそよかぜに乗ってボクのところに来てくれる♪ この辺り…ビー・ジーズはアメリカ産のグルーブとはまた違うポエジーな感性、魅力が備わっている気がします。

今月発売予定の全アルバムのリマスター盤~(品切れになると困るので)大半をポチリました~所有しているのもありますが自分のご褒美に^^彼らが出演した映画「サージェント・ペパー」~公開時に大々的に宣伝されていましたね。日本DVD未発売で(涙)Youtubeに一部上がっていました!楽しそう~コチラでもリリースしてほしいです~ギターマジシャンさんコメントありがとうございますe-446

2022/11/18 (Fri) 23:45 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply