世界の果てのこどもたち 中脇初枝 平和であることの幸せをかみしめて

m-pon5

lo.jpg

戦時中、高知県から親に連れられて満洲にやってきた珠子は朝鮮人の美子と、恵まれた家庭で育った茉莉と出会う。
お互いが何人なのかも知らなかった幼い三人はあることをきっかけに友情で結ばれる。しかしー終戦が訪れ、運命は三人を引きはなしてしまう。戦後の日本と中国で、三人は別々の人生を歩むことになった、戦時中の満洲で出会った、三人の物語。
内容(「BOOK」データベースより)


本が大好きであり、図書館や本屋さんは大好きな場所だ。


車で、地元から近くにある幾つかの図書館や図書室を回るのが楽しい。


そこでーとてもフレンドリーで素敵な小さな図書室の方と色々、本のお話などするのがまた嬉しい。


大きな図書館ではとても無理だが、小さな図書室は高齢の方たちやお子様を持つママさんたちも気軽に寄れる憩いの場となっている。


図書館もそれぞれ。様々な個性があり、その場所場所でのニーズに答えて戴ければ本好きにはそれこそ有難い。


選んで通えるのは、借り手の自由なのだから置いてある本の傾向、図書の雰囲気もそれぞれ。それらの特色を使い分け、利用させて戴いてます。


そのーフレンドリーな図書室の方が、この本を、昨年大変、絶賛されていて「私たちの時代って、こういう本を読むと、つくづく幸せなんだなあって考えさせられます」とおっしゃっていた。


世界の果てのこどもたち」 だ。

それから、ずっと読みたいと思っていた。そのー評判通り、今年の本屋大賞にも受賞こそ逃したが、ノミネートされていた時点で絶賛の声が大きった。


オバマ大統領の広島訪問。


様々な思いが溢れて戦争を体験した方々はもちろん、私たちのような戦後生まれも、あの時代、あの頃、どんな毎日を人々は過ごし子供たちは、どんな境遇にいたのだろうと思い返せばずっと考えてきたように思う。


いままで色々なそれに関する本、資料、決して完全とは言えない、わたしたちが受けた教育の中で、テレビで、ドラマでそれらを知り、感じてきた。


けれど、それでも決して十分ではない「真実を知るのは」体験していない我々にとっては、そこからもはや想像するしか出来ない。


この本はー戦時中、満州に様々な理由で、やって来て家族で住むことになった3人の少女たちの出会い。子供ならではの小さな冒険旅行で結ばれた友情。


ーその後、戦後を迎え、それぞれが離れ離れになり、それからの3人それぞれの人生が書かれる。


それは過酷で、想像を絶する中で生きぬくしかなかった少女たちが大人になってから再会するまでの物語です。


本を読みながら、何度も涙を飲み込んだ。


家族で満州に越してきて、なにも知らない中、それでも幸せだった珠子。朝鮮から、家族で満州に越してこずには生活出来なかった、朝鮮人の美子。恵まれた裕福な茉莉。


満州では、裏側に何があるのか深く分からないまま、戦争を子供心に感じながらそれでも無邪気だった少女たち。


ところが戦争ですべてがムチャクチャになる。満州からの引き上げの時の壮絶さ。離れ離れになる家族。朝鮮人というだけで、日本に帰っても差別の中で生きること。東京大空襲で、多くを失ってしまう子供。


読んでいても、こんな恐ろしい事が本当にあったのかと思う。戦争が終わってからも、過酷な生活は子供たちに決してすぐの幸せは与えようにも、与えることが出来なかった世の中。


わたしたちは現在ー中国や韓国と様々な物事を抱えている。


被害者でもあり、加害者でもある戦争。


ただー作品を読むと、何故、わたしたちはいまアジア諸国と微妙な関係になってしまったのか。


何故、満州という国にあの時代、子供達がいたのか


何故、わたしたちの国に、70年代、80年代、チョゴリを着た、あの頃「朝鮮人」と呼ばれていた朝鮮学校に通っていた女の子たちがいたのか・・・


そして、どうして「中国残留孤児」と呼ばれる人たちがいたのか、という、その事実がスゥッと心に入ってくるのだ。


青春期、バスや電車で、チョゴリを着た、女の子たちを見ると皆、なにかちょっと異質な人たちと同じ空間にいる緊張感があったのを覚えている。


思うとー私たちと同じように、いや彼女たちはもっとあの頃、過去の歴史を受け止め、日本という国で毅然とした青春を過ごしていたのだろう。みん変わらない青春であり、同じ夢を見ていた。
みんな、そのときを一生懸命に過ごしている、ただの女子だったのだ。


この本を書いた中脇さんは「みんないい子」など近年子供に関した問題定義と言える本を出している作家。


わたし自身は前作「みんないい子」を読んだ時、すこし後味が悪く好んで読みたいと思える作家さんではないのかなと思っていた。


だがー今回は作者の渾身の思いが伝わる、力作本だった。


最後にー参考資料が何冊か記載されているが、これだけの物を読み取材し、作品にするのには充分な時間が必要だったろう。


いま「何故、この本を?」と思ったけれど「現在だからこそ」の信念が強く湧き上がったからではないだろうか。


山崎豊子さんの代表作であり彼女の思いの丈を全て託した「大地の子」という本は皆さん、ご存じの通りだけれど、あのスケールの本を読むには子供にはちょっと難しいと思われている方でも、こちらは日常で本を読みなれている子供なら、小学校高学年からでも読むことが可能だと思う。実際この本は図書館でも「児童書」のジャンルに置かれているところがあるほど。


つくづく、戦争なんかしても何の意味もない。なんのいいこともない。


本を読んで、ただ、ただ、そう思った。


読み終えた時、ジーンと迫る温かさ。それは平和である(世界では未だに悲しい現実が起こり、この先は誰にでも分からないけれど)いまこうして「戦争のない暮らし)に感謝出来るからこそなのだ。


平和であり続けることを願わずにはいられません。


ささやかな日常も平和だからこそなのですね。


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply