「団塊ボーイズ」人生一度きり!ハーレーでアメリカ横断全米大ヒットの爆笑ロード・ムービー

m-pon5

P9148903.jpg
「団塊ボーイズ」2007年製作/100分/アメリカ
原題:Wild Hogs


ハーレーでアメリカ横断の旅に出た中年男4人組の珍道中をジョン・トラボルタ、ティム・アレン、ウィリアム・H・メイシーら主演で描き、全米で大ヒットを記録したロード・ムービー。妻に逃げられ自己破産に追い込まれた実業家ウディは、歯科医のダグ、自称小説家のボビー、パソコンマニアのダドリーら、同じく人生に行き詰った4人の仲間を誘って自由気ままなバイクの旅に出る。ところが彼らの行く先には思わぬ災難が待ち受けていて……。



暑い、とにかくアツイ。カレンダーの歴はダレも信用しなくなりました。9月は秋口なんて名ばかり。昨日、今日もこの地域では35℃です!


気持ち身体も辟易したとき、夏バテ!?秋バテ到来?とか考えたくない。頭から「煩悩」を失くすに限る!思いきり笑って汗も憂鬱も吹き飛ばそう!


「団塊ボーイズ」公開時、全米一億ドル突破の大ヒット!日本でも大いに話題になった爆笑ロード・ムービー。人生まだまだ捨てられないよ。人生の後半も見えてきた同級生4人組。ハーレーをぶっ飛ばし行くあてのない旅に出たものの、珍道中のはじまりだった。


P9149021.jpg
初見の映画「団塊ボーイズ」 久しぶりに煩悩を飛ばしてくれました!大声で笑いました、吹きましたw おバカすぎて愛おしい。スター俳優たちが、ここまでやってのけてしまう気風の良さ。メンバたちの絶妙な相互作用。全編シリアス要素ひとつもなしw


ここまでするかの徹底コメディ! 皮ジャン着てハーレーかっ飛ばそうがココには銃撃戦もマリファナもありません。なんたって彼らは本来フツーの父親であり、仕事もち、家族持ち(だった人も…w)ハーレーという絶対的な主役はありますが根っからは爆笑コメディ。思いきり笑ってスカッ!! 明日からガンバローゼという明快さ。


P9148930.jpg
「オレたちまだ終わっちゃいねーぜ」と勇ましく(笑)ミドルエイジなんて言葉は吹き飛ばせ。結婚はしてるけど、家族の中では、のけ者扱い、仕事もしっくりこない。中には、独身。いままでまともに恋もしたことないよというメンバーも。ワケあり仲間の同級生たち4人組。


彼ら共通の趣味はハーレーダビッドソン。週末にはモーターサイクルクラブに集まり、ワイルドホッグズと命名した仲間たちとハーレーに乗り日常生活から逃れてかっ飛ばす。いや、かっ飛ばす。と、、いっても、じつはお祭りのときに街中をブンブン走るだけw


メンバーの4人。大学の同級生たち。彼らの日常生活というと、、これが色々ありまして、、。


P9149039.jpg
歯科医を営むダグ。演じるのはコメディ映画には欠かせないティム・アレン。『トイ・ストーリー』バズの声でもお馴染み、『ギャラクシー・クエスト』でもさんざん笑わせてもらいました。彼が演じるのはー仕事に打ち込む以外は日夜、体重と健康とにらめっこ。最近はなんの夢も持てなくなってきた。隣でガツガツとジャンクフードを食べまくる息子を目の前に「コレストロールに注意しろ」と家族に言われ続け、、ダグが食べれるものとえば、、



P9149038.jpg
オレンジ一個、、w


P9148924.jpg
実業家ウディを演じるのはジョン・トラボルタ。すれ違いだったスーパーモデルの妻から離婚を言い渡され自己破産状態に。思いきりハジケテいるトラボルタ。真面目に怒れば怒るほど滑稽で可笑しすぎる~



P9149040.jpg
自称小説家。妻に食べさせてもらっているボビー。演じるのはコメディ役者、マーティン・ローレンス。ウイル・スミス共演『バッド・ボーイズ』で名を馳せてからは全米中の人気者に。ー彼が「働け!」とカカア天下の妻にうながされ舞い戻った仕事は、、



P9148914.jpg
配管工事、、。


P9148916.jpg
と、、いえば聞こえはいいけれど、要はコンビニなどでトラック運ちゃんが、、えーと、、していったあとの便器の後始末。


P9148919.jpg
いまだ独身のパソコンヲタク、ボビー演じるのはウィリアム・H・メイシー。シリアスから喜劇までなんでもござれ。『ファーゴ』熱演は忘れられません。イイ映画には必ず一癖あるメイシーがいる!?今作はココまでやっちゃうのっていうドジっ子ちゃんを大熱演。



4人はいつもの如くダイナーでワイワイ。「みんないまの自分に満足してるのか!?」亡くなった同級生の知らせも入ってきた。「いまが人生の青春を取り戻せる最後のチャンスじゃねーか」ウディの言葉に最初は躊躇していた彼らも次第にその気になってきた!


P9148931.jpg
無謀にも4人はついに横断旅行を実行!家族を上手~くあしらい、休暇を取りつけ、、ハーレーダビッドソンのアメリカ横断3200キロの旅へ~~って、、アメリカ本土は広いデカい大きい~。男4人オッサンたちの「自由旅」はいきあたりばったり。トラブル続き。ゲイに間違えられたり…ヘルス・エンジェルスさながらバリバリバイク集団に睨まれるわ、、笑いあり大乱闘ありの珍道中~行く先はどうなるでしょう~という物語。


P9149026.jpg
雨には降られ、鳥の●ンをかけられ、キャンプしたはいいが、ひょんなことでテントが焼けてしまったりと、、、


寝床を失くし、仕方なく外で団子寝していたら、朝、突然に警官が現われて、、!?


P9148951.jpg
お咎めを食らうかと思い慌てて起きようとした4人ー


P9148957.jpg
「キミたち仲良くてイイね~わたしも入れて。5人じゃ多いかしら」 ひぇ~~~ww アメリカで男たちだけで遊んでるってかなりヤバいと思われることもありなのですねw 勉強になりました(笑)


なんといってもーアメリカ横断はひろい、広ーい!! 風を切りながら浴びながら、ハーレーで広大なアメリカ大陸を走るって夢があるー!!


P9148995.jpg
広大な地。州によって景色も空気もまったく変わるのが壮大。


P9148992 (2)
ダグの奥さんに「どうせ、あななたち走ってはトイレの繰り返しでしょ」と指摘されたように、えっと、、ある一定数の年齢になりますと、尿をもよおすのも近くなるのも当然のことなのでありますよ(笑)みんなアル、アルですよね~共感、共感。


ー驚かされるのは出演陣がなにげに豪華なこと。脇役に「え!?この人がこんなところに」というくらい要所要所スターが配置。旅先、パソコンヲタクのダドリーと恋に落ちる娘にマリサ・トメイも。予想外キャストをハッケンするのもウレシイーのだ。


P9148998.jpg
バイクが外にズラリと並ぶ店に入ったら、、、店内にはバリバリ本物のライダーたちがー!!リーダー格のボスを演じるのはシューレス・ジョー、、ではなくーレイ・リオッタ! なんと彼にココで会えるとは。さまざまな役をこなしてきた人でしたけれど残念なことに今年亡くなってしまいました。レイ・リオッタの瞳の色はいつ見ても独特。吸い込まれそうな目力。ワイルドなキャラを気持ち良さそうに演じ切っています。



P9149015.jpg
後半は立ち寄ったニューメキシコの街で大騒動に!


すこし残念だったのはーメキシコの地に入ってからは街に留まってしまったこと。村人たちとの交流、闘牛のお尻叩き、楽しいお祭りに流れてしまい、終盤レイ・リオッタ率いるあらくれ者との対決がクライマックスに。(死闘というにはーほど遠いドタバタの西部劇オマージュギャグですが…w)ロード・ムービーとしては旅が終わってしまった。


4人のバイク珍道中がもっと観たかったわたしは少々肩透かし。コメディとしてはハッピーエンドがお約束なので分かってはいるのだけれど、あと、ひとひねり欲しかった。と、いうより、、、メンバーのコンビネーションがサイコーだったので、もっと見ていたかったというのが本音。


image-w856.jpg
キャストたちが絶妙なコントラス。コメディアンのティム・アレンとマーティン・ローレンスは直球勝負。アクションのイメージが強いトラボルタが中間ポジション。上手く立ち回る。そこにシリアスも喜劇もなんでも器用にこなすウィリアム・H・メイシーがポケ役に徹しコンビネーションはバツグン。上手い具合に機転のスパイスが効いている。


ー最後にースペシャル・ゲストが登場ー!!


ハーレー、バイク横断、映画界の大御所、若者バイブルの先駆者といったら、、この人しかいない~


P9149016.jpg
歳とっても渋かったーー!!映画ファン、バイク乗りならお分かりですよね!彼が出てきたらひれ伏すしかありません~~



気持ちいいくらいのハッピーエンド!とことん笑いたくて思いきりスッキリしたいとき、大好きな飲み物とポップコーンと一緒にぜひどうぞ。休日のお供にも最適なロード・ムービーコメディ。


Embed from Getty Images
プレミア時の4人。みんなの笑顔は映画そのまま!憎みきれないほどカッコイイ!


じつはーこの作品は第2弾の続編もほぼ決まりかけていたそう。都合つかず結局流れてしまいました。いやー観たかった!公開から15年、、、4人ともまだまだ十分出来るのではないでしょうか。その後の生活、夢の行く先が知りたい~。初老になった彼らの第二のハーレー旅にもぜひお供したいものです。




関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply