映画「いちご白書」と「いちご白書をもう一度」名作と名曲がうまれたあの時代

m-pon5



43aa8d0ea67ff3d935ee312fb01018b8.jpg

「いちご白書」 1970年製作/109分/G/アメリカ


70年第23回カンヌ国際映画祭審査員特別賞を受賞した、青春映画の名作。


ごく普通の大学生サイモンは、学生運動に参加する女性リンダと知り合い、リンダと親しくなりたいがために闘争にも参加するようになる。しかし、サイモンの闘争に対する姿勢が気に入らないリンダはサイモンの下を去ってしまい、失望したサイモンは急速に学生運動にのめりこんでいく。バフィー・セント=マリーが歌うテーマ曲「サークル・ゲーム」ジョン・レノン「平和を我等に」など、時代を彩る名曲の数々も話題に。2011年、初公開から40年ぶりにニュープリントでリバイバル公開。



原題:The Strawberry Statement
監督スチュワート・ハグマン 主演ブルース・ディヴィソン キム・ダービー


60年代後半に各地で起こった学園紛争。映画「いちご白書」も1968年にコロンビア大学で実際に起こった学園紛争、一部始終を記したジェームズ・サイモン・クーネン、モチーフの日記がベースになっている。大学当局が、近くの公園に予備将校訓練学校を建設予定。しかしーそれはハーレムに住む貧しい子供たちの遊園地だった。社会、政治の問題も絡み、学生たちの反対運動はさらに大きくなった。学生たちは学園を占拠。学校側はついに官憲を導入。抗議する学生たちは圧倒的な武力で抑えられてしまう。


04680.jpg
『いちご白書』主演のブルース・ディヴィソンとキム・ダービー。キムのフレッシュな魅力は日本でも大人気に。



わたしはー『いちご白書』をたった一度しか見ていない。


80年代後半ーレンタルで借りたVHSテープを見ただけ。


なぜなら、、、『いちご白書』は、著作権の関係なのか、日本ではDVD化されていない。記憶に違いがなければ、レンタル品と、低価格VHSが過去に発売されたのみ。


なのでー記憶をひとつひとつたどり寄せていくしかないのだけれどーにもかかわらず、サントラ盤を聴くと場面ごとの爽やかさ、重々しい威圧感が同時に浮かぶ。映画を見ていたときの部屋の空気感、自分が抱いた感情まで鮮烈に蘇ってくる。


ー当時を生きた若者=スチューデント・パワーという言葉を代表する、記念碑的な作品。


ノンポリと呼ばれた、最初は紛争に興味もなかったサイモンという一人のボート部員の青年。彼がおなじ大学で女性解放委員をしている、リンダというちょっと気になる女の子に惹かれ、次第に彼女と仲間を通し彼自身も改革派に目覚めていくというストーリー。


終盤ー武装警備隊が州の応援を得てバリケードをくぐり構内に突入。数百人の学生が終結する中、警備隊は催涙ガス、こん棒で襲いかかる。抗議を続ける学生たちは引きずられ、排除されていく。リンダの顔にも警棒があたり血が流れる。必死に抵抗するサイモン。しかしー圧倒的な暴力に敵うわけなどない。荒々しいラストに続くショット。時が止まったかのようなストップモーション…流れてくる曲はサークル・ゲーム♪


27b91c729e0f90b842c36e58fafcec70.jpg
「The Strawberry Statement」アメリカ版ポスター


正直ー遅れてきた世代のわたしが、映画を最初に観たとき、それほどリアル感をもって迫ってきたワケではなかった。70年代~80年代と豊かすぎると言われた時代に育った自分。ベトナム、学園紛争、平和運動など、昔にすぎた「歴史」ー劇中の計り知れない若者のアツさや情熱も、どこか空洞的な覚めた目で捉えていた。


学園紛争なんて「青臭い」…主人公サイモンだってそうだった。ちょっと見かけたチャーミングな女の子に惹かれ、邪(ヨコシマ)な気持ちから価値観を変えていった。はじめは政治を覆そうなどとは思っていない。日本でも一部の過激派の行動が、その後、さまざまな騒動へ発展していった経緯も知っていた。


80年代真っ盛りの青春を謳歌していた、一貫性のないフワフワした自分、、、『いちご白書』に描かれた風潮は、すでに、どうでもいいことに映っていたのかもしれなかった。


ところがーいまはどうだろう。世界がぐるぐる巡り巡って、どうしようもない状況が湧いてきた。こんなに不穏な世の中になるなんて想像もしていなかった、、。大人になり、『いちご白書』を思いかえすと、主演二人が見据えていた未来は大きな変化ではなく、そこにいる人々が幸せに暮らす未来、小さな願いだった。権力と戦った彼らの瑞々しさはどこからきたのだろう。


P5046831 (2)
所有「いちご白書」サウンドトラックLP盤二枚組(絶盤) 


(収録曲)
1 Loner, The - Neil Young
2 Down By The River - Neil Young
3 Long Time Gone - Crosby, Stills, Nash & Young
4 Helpless - Crosby, Stills, Nash & Young
5 Something In The Air - Thunderclap Newman
6 Circle Game, The - Buffy Sainte-Marie
7 Fishin' Blues - Red Mountain Jug Band
8 Market Basket - Ian Fairbairn-Smith/MGM Orchestra
9 Cyclotron - Ian Fairbairn-Smith/MGM Orchestra
10 Concerto In D Minor - Ian Fairbairn-Smith/MGM Orchestra
11 Pocket Band - Ian Fairbairn-Smith/MGM Orchestra
12 Also Sprach Zarathustra
13 Give Peace A Chance (chorus)


もともと日本では興行的に大ヒットというワケではなかったらしい、かといって若者から支持されていなかったかというとまったく違う。


公開時の映画雑誌「スクリーン」では映画ファンが選ぶ年間作品賞部門では堂々2位! 1位『明日に向かって撃て』は別格にしても、3位『ひまわり』4位『イージー・ライダー』より上位だったのだから、幅広く超えた目をもつ映画ファン、音楽層からは確実に支持を得ていたということになる。ヒット曲も数多く生まれた。Circle Game,サークル・ゲーム The - Buffy Sainte-Marieを聴いたことのない音楽ファンはいないだろう。


P5046836 (2)
『いちご白書』サントラの見開き部分。


、、、公開から5年。75年に爆発的ヒットになったのが、荒井由実作詞作曲。バンバンが歌った「いちご白書をもう一度」…逆にこの曲で「いちご白書」の存在を知ったという人も多かった。


先日BS番組でも、ばんばひろふみ氏ご本人が語っていた。当時新進気鋭のソングライター荒井由実の抜群の才能にほれ込んだ、ばんばさん。売れなかったら引退まで覚悟し、正隆氏に直接依頼。できあがってきた曲が「いちご白書をー」だったという。「この曲がなかったら、いま僕はここに立ててない」と。


調べてみたら、過去に「なぜ誰も話題にしてこなかった映画をモチーフにしたのか、卓越したセンスに驚いた」とばんばさんが語ったこともあるという。


けれどー上に記述したように荒井由実は少なからず、多くの映画ファン同様に「いちご白書」を知っていた。若者たちがモラルに反逆せざるおえなかった当時の背景も…。


しかしー75年にはベトナムも終焉。体制側が強くなったとき、物事は過去になっていった。すでに郷愁に近い形のものになっていたのだ。世相を敏感に察知した切ないタイトルと歌詞。物語を紡ぐように、ドラマチックなメロディーへと昇華させるユーミンのセンスには脱帽してしまう。


P8057746 (2)
所有「いちご白書をもう一度」シングル盤。1975年8月発売。2か月余りでオリコンのトップ10にランクイン。12週目には1位を獲得。6週間1位累計売上は75.1万枚を記録。


80年代~遅れてきたわたし世代が、「いちご白書ー」を聴いたとき、驚いてしまったことがある。それはー5年間という速さ。


たった…5年!


歌詞から想像できる物語。70年。大好きな女の子と『いちご白書』を映画館で観て、主人公たちにどこかでシンパシーを感じ、学生集会にも参加していた恋人同志だった男女。


なのにー5年後には、、リバイバルでこれからかかるだろう、破れかけた『いちご白書』のポスターを見ながら「僕」は青春にピリオドを打った、ど真ん中にいるのである。


いつか君といった映画がまたくる。
授業を抜け出して二人ででかけた。
哀しい場面では涙ぐんでた。
素直な横顔が 今も恋しい。

雨に敗れ破れかけた街角のポスターに
過ぎ去った昔が鮮やかによみがえる。

君も見るだろうか 「いちご白書」を
二人だけのメモリー どこかでもう一度

荒井由実 作詞・作曲 瀬尾一三編曲




『いちご白書をもう一度』バンバン。バンド二人が生演奏している超貴重映像。ばんばさんワカイ~!観客の女性たちの曲を聴く真剣な表情。見逃すまい、聴き逃すまい、青春の一ページを刻みつけているかのよう。男の立場で歌うバンバンの歌唱あってこそ二度と戻れないあの日の眩しさにつながっていく。


いま…人は5年前のことを、これほど懐かしく思い出すだろうか?たとえ、、、学生から髪を整えた社会人になったとしても。


きっとーあの頃、若者たちは、いまよりずっと早く大人になったのでしょう。信じられないくらい時間が早く進み、過去が流れ、若さと決別しなければならなかった。


十代だったわたしが聴いても締め付けられるようなフレーズだった。しかし大人になっても変わらない。誰にでも青春はあったし、なにかに一生懸命になっていた時代の普遍性、慈しむ過去は誰にでもあると思うから。それを優しく懐かしく補ってくれるのが、音楽であり映画、文学、隣にあった大切な人たちやものだった。



『いちご白書』Trailer セピア色の光景とサークル・ゲーム。時代へタイムスリップ。


いま、若い人たちがSNSなどで大いに声をあげている。暴言暴力はまったく別にして、いろいろ考え、想い、声にするのは本当に大切なことだと思う。『いちご白書』が多くの人にとっていっときは過去になったように、、混沌とした現代も懐かしき思い出と、いつかなればいい。


Embed from Getty Images
当時の彼らを決して全肯定するわけではない。けれどー『いちご白書』には「平和」を願う彼らの姿があった。それは永遠にまちがいなく、みなが望むもの。




関連記事

Comments 4

There are no comments yet.
ギターマジシャン  
いちご白書

「いちご白書」は、劇中にジョンの曲が流れるということと、バンバン・ユーミンの「いちご白書をもう一度」のモチーフになった映画という程度の知識で、全然関係ないのに、学校が舞台というだけで、「ペーパーチェイス」と混同している部分もありました。

この曲の主人公、「就職が決まって髪を切ってきた」僕は、「あの頃のまま」で「板についた紺色のスーツ」の君になっていくのか、などと結びつける自分は、定年退職した再雇用の身でも、髪を伸ばしたままです。
(ただ、後頭部は伸ばす髪も寂しく、えらいことになっていますが・・・)

2022/08/29 (Mon) 20:38 | EDIT | REPLY |   
AKISSH  
興奮せずに書けませんでした

「いちご白書」正直、自分の青春映画No.1です。ぶっちぎりで。
さすがにリアルタイムで見た訳ではないのです。
高1の時に、この映画が〇〇曜日洋画劇場でTV放映される。
その翌日、駅から10分強の通学路で、普段、ほとんど話したことの無い同級生と、最初から最後までこの映画の話。「見終わって、自分も何かしなくてはいけないんじゃないかと思ったよ。」と青臭い感想を言いつつ校門をくぐったことを、今でもはっきり覚えています。

ともかくキム・ダービーが可愛かった。身近にもいそうなキュートな女の子で。
そしてブルース・ディヴィソンが最高。改革の熱血漢だったら、逆に距離を置いて見てしまったはず。実は学生運動の目的なんてどうでもよく、可愛い女の子がいたからデモに参加しちゃった、みたいな。俺たちとまったく同じじゃないか、と思った。

それが途中から渦に巻き込まれ、最後は体育館でのGive Peace A Chance。
そして、ラストシーンのストップモーションとCircle Game。
永久に自分の青春映画No.1です。

2022/08/30 (Tue) 20:46 | EDIT | REPLY |   
m-pon5
m-pon5  
>いちご白書

>ギターマジシャンさん
コメントありがとうございます<(_ _)>

こんばんは~♪

懐かしいです!『ペイパーチェイス』はリンゼイ・ワグナーですね。
あの頃は大学生活を描いたものに瑞々しい珠玉の作品が多かった印象がありますよね。ザ・青春という感じ。ギターマジシャンさん髪の毛を伸ばしているなんてカッコイイ~若々しいですね。身近にも後方だけ髪の毛伸ばしてる方を良く知るとバンドマンだったり楽器を趣味で演奏されている方が多いです~。「いちご白書」の主人公たちもいまどんな大人になっているか想像するとなんだか胸の奥がジーンとしております。

2022/08/30 (Tue) 21:54 | EDIT | REPLY |   
m-pon5
m-pon5  
>興奮せずに書けませんでした

>AKISSH さん
コメントありがとうございます<(_ _)>

こんにちは~♪

AKISSHさんの青春映画ぶっちぎりNO.1映画~それをお聞きしただけで記事にして良かったと思いました。高1のときテレビの「洋画劇場」でご覧になったんですね。翌日の同級生の方とのエピソードがまたイイですね~場面が自然と目に浮かんできて胸にグッ!ときてしまいました。キム・ダービーは日本でも大人気になったそうですね。優し気なチャーミングな方でしたね~「自分たちもなにかしなくては」って思えた純粋な感情も全部ひっくるめて、あのころの自分が愛おしくなってしまう「いちご白書」は、そういう力がある映画かもしれないですね。その純粋な感性は大人になってからも、これからもずっと大切にしていきたいです。AKISSHさん「いちご白書」のステキなお話をありがとうございます。

2022/08/31 (Wed) 11:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply