『裸の華』桜木紫乃 誰しもが何かを背負って生きている その中での希望
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

『裸の華』桜木紫乃 誰しもが何かを背負って生きている その中での希望

1

裸の華 (集英社文芸単行本)桜木紫乃 集英社 2016-06-29売り上げランキング : 15216Amazonで詳しく見る by G-Tools舞台上の怪我で引退を決意した、元ストリッパーのノリカは、故郷で店を開くことに。ダンサーを募集すると、二人の若い女性が現れて―。踊り子たちの鮮烈な生き様を描く、極上の長編小説。私は桜木紫乃の小説が好きだ。彼女の小説を読むとわたしはいつもNHKのドキュメンタリー番組「72時間」を思い出す。そうー最...

「春にして君を離れ」アガサ・クリスティー 封印していた過去の扉を開いていく怖さ
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

「春にして君を離れ」アガサ・クリスティー 封印していた過去の扉を開いていく怖さ

5

春にして君を離れ (ハヤカワ文庫) [ アガサ・クリスティ ]価格:990円(2022/2/28 23:09時点)感想(27件)『春にして君を離れ』 アガサ・クリスティーこんなに恐ろしい小説はそうそう、ない。読んでいくうちに、差し迫ってくる心理的な恐怖は比類なきものでした。数年前に、本好きな友人に「こんな心理的にコワい小説はないよ。絶対読んでみて」と言われ、、クリスティーは「そして誰もいなくなった」「オリエンタル急行殺人事件」...

「EIGHT DAYS A WEEK」 エイト・デイズ・ア・ウィーク ザ・ビートルズ 観た②ざっと、おさらい
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

「EIGHT DAYS A WEEK」 エイト・デイズ・ア・ウィーク ザ・ビートルズ 観た②ざっと、おさらい

0

ザ・ビートルズの映画「EIGHT DAYS A WEEK」の二回目を先週観てきました今度は、じっくり一度目より少しだけ興奮も収まり、画面に集中!またまたワクワク時間を過ごしました。こんな場面は登場しませんが、アイドル絶頂期、ツアー時代の彼らを描きます。1964年4月 27日テレビ放映された「アラウンド・ザ・ビートルズ」の4人。と、いう事で、一回目、観た感想に続いて、自分でこの映画を観た記憶をたどる、プレーレイが発売される前...