ザ・ビートルズ 日本公演から50周年 記念の番組から 「ビートルズは若者文化を変えた」
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

ザ・ビートルズ 日本公演から50周年 記念の番組から 「ビートルズは若者文化を変えた」

0

盛り上がってます!「ザ・ビートルズ 来日50周年」企画!ファンとしても本当に嬉しいです何だか、またまた、といっても、ビートルズを好きになって定期的にこういう異様に気持ちが盛り上がる時がランダムに起こるのです。(いつも好きなのだけど)ザ・ビートルズに夢中、恋してる、胸がキューンとする。そんな熱い感じなのです。昨日はBSプレミアムで「ザ・ビートルズ・フェス」という企画番組が3時間に渡って放映されました。...

「虚ろな十字架」 東野圭吾 人気著者が挑んだ境地
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

「虚ろな十字架」 東野圭吾 人気著者が挑んだ境地

0

人気作家、東野圭吾の数年前に発売され、そのシリアスな内容から話題になった(東野圭吾氏の本は新しい本が出る度、話題ですネ)「虚ろな十字架」東野圭吾と言えば、言わずもがなの超ベストセラー作家。個人的には東の「東野圭吾」西の「宮部みゆき」と思う位の大人気作家であります。私は、身近に「本好き」「読書が趣味」の人がいるという情報を聞くと自然にピーンと耳が張ってしまい、嬉しくなってしまうのだ。そんな折、何となく...

向田理髪店 奥田英朗 過疎の町のほっこりした人間模様を書いた新たな珠玉作♪
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

向田理髪店 奥田英朗 過疎の町のほっこりした人間模様を書いた新たな珠玉作♪

0

向田理髪店奥田 英朗 光文社 2016-04-19売り上げランキング : 4818Amazonで詳しく見る by G-Tools北海道。寂れてしまった炭鉱町。通りにひと気はないけれど中ではみんな、侃々諤々。心配性の理髪店主人が暮らす北の町は、案外にぎやか。身に沁みて、心がほぐれる物語。やっぱり、奥田英朗の安定感は抜群!前回、感想を書いた「犬の力」が巨大な国と国との問題。すると今の日本の一都市集中型、地域過疎化も、もっと身近な (私達に...

「犬の力」 ドン・ウィンズロウ 麻薬カルテルをめぐる火の粉のような超大作
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

「犬の力」 ドン・ウィンズロウ 麻薬カルテルをめぐる火の粉のような超大作

0

犬の力 上 (角川文庫)ドン・ウィンズロウ 東江 一紀 角川書店(角川グループパブリッシング) 2009-08-25売り上げランキング : 2571Amazonで詳しく見る by G-Tools犬の力 下 (角川文庫)ドン・ウィンズロウ 東江 一紀 角川書店(角川グループパブリッシング) 2009-08-25売り上げランキング : 2777Amazonで詳しく見る by G-Tools血みどろの麻薬戦争に巻き込まれた、DEAのエージェント、ドラッグの密売人、コールガール、殺し屋、そし...

岡田奈々 木ノ内みどり 眩しかった当時のフォトジェニックなアイドル達♪
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

岡田奈々 木ノ内みどり 眩しかった当時のフォトジェニックなアイドル達♪

0

梅雨真っ只中ですね。今日は、まだ風があってサラッとしていますがなんだか寝苦しい季節になってきました。愛知県は極度に暑い夏でも有名な地域。ここ最近の暑さは、ここ数年何度体験しても慣れるものではありませんね(´・_・`)昭和はクーラーなしでも過ごせたのに・・・。網戸を開けていれば、そこから、涼しい風が、、いい時代だったなあ。なんて、またまた、そんな想いににかられ週末は、美しく個性的な、若き日のフォトジェニッ...

ザ・ビートルズとモハメド・アリ 20世紀のスーパースター達が出会った若き日
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

ザ・ビートルズとモハメド・アリ 20世紀のスーパースター達が出会った若き日

0

今月の初め、偉大なボクサーであり、その精神もグレイトと呼ばれるヒーローであったモハメド・アリ(ムハマド・アリとも称する)が旅立たれた。アリと言えば、最強のボクサーであり、また人種差別や反戦にも向き合った人でした。私の中では、何といっても「1976年の猪木との一戦」であります。 (みんな国民がテレビの前で釘づけだった日!)今日は、そんなアリとビートルズの関係を思い出し、心のまま綴ってみたいと思います。世紀...

「クライマーズ・ハイ」 横山秀夫 マスコミの向こう側にある「真実」の痛み
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

「クライマーズ・ハイ」 横山秀夫 マスコミの向こう側にある「真実」の痛み

0

読んでいて、胸がヒリヒリするような痛みを感じずにはいられなかった。それは、この主人公達のいるマスコミの世界の向こうにある「真実」の痛ましさを私達世代は覚えている。知っているからなのではないだろうか。読み終わるまで、そんな気持ちにさせられた。ご存じの通り、現在、「64(ロクヨン)の映画が話題になっている横山秀夫の数年前の作品だ。この「クライマーズ・ハイ」も数年前、かなり話題になり、いつか読みたいと思い...