山口百恵 アイドルとして、そして国民的スターへ その3
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

山口百恵 アイドルとして、そして国民的スターへ その3

0

「プレイバック・パート2」で百恵人気が一気に加速したのは間違いなかった。わたしの中の百恵熱もこの曲から、いよいよ、より特別に夢中になる人へと変わっていった。クラスでも、山口百恵は一気にドラマだけでなく「歌」でも時の人となり話題の人となったのだ。ちょうど、77年から始まった「ザ・ベストテン」も百恵人気の圧倒的上昇につながったと個人的に思っている。全盛期の百恵時代とこの番組は、ほぼすっかりシンクロして...

熊本いちご さがほのか  美味しい♪
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

熊本いちご さがほのか  美味しい♪

0

今日、いつも良く行く、安くて美味しく新鮮な野菜や果物を売っているとっても人気の地元の八百屋さんに「熊本いちご」がありました!...

 山口百恵 アイドルから大人の女性へ その成長と早熟さ~その2
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

 山口百恵 アイドルから大人の女性へ その成長と早熟さ~その2

0

出会い1の続き。山口百恵の「百恵ちゃん」としての存在は、テレビの歌番組などで明らかに小学生の間でも認知されていた。だがデビュー当時の歌のインパクトは桜田淳子の曲の方がやっぱり上だったと思う。だって、、なにしろですよ、、一連の「青い性典」シリーズの歌詞の意味など小学生にはまったく分からなかったんですから。(汗)こんなに、あどけない少女が「あなたに女の子の一番大切なものをあげるわ」と歌ったものだから世間...

 PRINCE  プリンス 素晴らしい曲と思い出 ありがとう
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

 PRINCE  プリンス 素晴らしい曲と思い出 ありがとう

2

今日は、昨日の山口百恵への続きを綴ろうとしていたのですがまったくこの訃報を知らず、お昼のラジオのDJのコメントで知ったので何だか悲しくて、どうしてもこの事を書きたくなってしまいました。PRINCEが、旅立ってしまった何て。。ともかく聞いた時は「えっ!?」という言葉以外浮かばず次には「なんで、なんで・・・?!」と行き場のない焦燥感と悲しくなり慌てて、妹に電話し、なんでこんなことがと信じられない気持ちを共有し...

 山口百恵 唯一無二のスーパー・アイドル 伝説との出会い
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

 山口百恵 唯一無二のスーパー・アイドル 伝説との出会い

0

「山口百恵」は唯一無二の人。70年代を過ごした我々ファンにとって山口百恵は永遠に尽きることのないスターであり象徴である気がする。なぜ、そんなにあの当時も、そして現在も山口百恵が好きなのか。おなじ女だというのに、、いまでもフォトを見るといまだ、その情熱とアンニュイ。少女と女が入り混じった色っぽさに「ポーッ」としてしまう。あのころ、当たり前だけど、現在のわたしたちよりーずっと彼女は若かったはず。なのに...

映画の思い出! 70年代映画スター♪リバイバル「第三の男」や「街の灯」ジミーなど
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

映画の思い出! 70年代映画スター♪リバイバル「第三の男」や「街の灯」ジミーなど

2

小学校高学年。あの日友達の家で出会った一冊の本。それが洋画雑誌「ロードショー」そしてーもう一冊、メジャーな映画雑誌「スクリーン」もある事を知った日からは無類の映画好きへとさらなる運命を変えたのでした。豪華で、洗練されたスターの容姿、「ああ、これも観たい!「いや、あれも観たいのよ」と映画への思いは日ごと深まっていく毎日。なにしろ時代は70年代後半。当時は「ビデオ」も一般家庭にはまだまだ普及されていない...

「人生という名の手紙」 一冊の本 寄り添う気持ち 児玉清さん監修  
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

「人生という名の手紙」 一冊の本 寄り添う気持ち 児玉清さん監修  

0

熊本、九州地方で地震が続いています。お住まいの方に心からお見舞いの気持ちと、本当に多くの方が心からご無事であります事を願うばかりです。昨日からまだ余震が続いているとの事で、どんなにかご不安な事だろうと思う。こんな時は遠くから、ただ、ただ、祈りと思いを馳せるしかなく、空を見上げるばかり。自分自身も年齢を重ねたせいか、自分の健康のこと、また家族、周りがいかに普通に暮らせるかいつも心にあるようになった。...

70年代 昭和の映画ブーム「ブルース・リー」と「ジョーズ」と「フィーバー!!」
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

70年代 昭和の映画ブーム「ブルース・リー」と「ジョーズ」と「フィーバー!!」

2

今日は、何とも温かい日、春の気配、真っ盛りといった感じです。さて、今日は私と「映画」との出会いについてお話を。前回で「音楽」に夢中になるきっかけを書いたのですが、これまた「映画」との唐突な出会いも一冊の雑誌からでした。小学校も高学年の、忘れもしないある晴れた日。友達が「家でねー大きいステレオを買ったんだ。見に来てもいいよー」なんて言葉にワクワクして、その子の家に遊びに行った時のこと。すると・・・発...

ビバ! 昭和 原田真二 世良公則&ツイスト♪ついにニューミュージックの登場
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

ビバ! 昭和 原田真二 世良公則&ツイスト♪ついにニューミュージックの登場

0

それまでは、ただ、ただ、ヒット曲を追いかけて「ザ・ベストテン」を毎週かじりついては見て雑誌「明星」「平凡」などをむさぼるように読む日々。まだまだ興味はピンク・レディーや解散してしまったキャンディーズ。男性アイドルに夢中になるなんてことはさらさらなく、わたしのの憧れはまだまだ漫画の中のキャンディ・キャンディの「テリィ♪」だった。。の、、、ハズが・・・・ハズがですよいつものようにウキウキしながら「ザ・...

ビバ!昭和 音楽に目覚めた日その2 1978年♪
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

ビバ!昭和 音楽に目覚めた日その2 1978年♪

0

前回の続きを。一冊の「明星」を見た日から、それなんの事もなく見ていたテレビの歌番組。それが「あっ!」という間に特別な夢の空間に変わったものだからー子供の感性たるやスゴイものですね。個人的には今もって歌謡界の最高の花ざかり年と思っている「1978年」へ~そうーちょうどテレビでは伝説的な「ザ・ベストテン」が始まった翌年。「夜のヒット・スタジオ」も毎週どんなゲストが出るのか楽しみで楽しみで♪朝、新聞の番組欄...