「裸足で散歩」ジェーン・フォンダ&レッドフォード脚本ニール・サイモンの大ヒット傑作ロマコメ
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

「裸足で散歩」ジェーン・フォンダ&レッドフォード脚本ニール・サイモンの大ヒット傑作ロマコメ

0

「裸足で散歩」1967年製作/アメリカ原題:Barefoot in the Parkブロードウェイの新鋭作家ニール・サイモンのヒット戯曲『裸足で公園を』を彼自身が脚色。舞台演出も担当したジーン・サックスが監督したソフィスティケイト・コメディ。撮影はジョセフ・ラシェル、音楽はニール・ヘフティが担当した。出演は「サンセット物語」のロバート・レッドフォード、「夕陽よ急げ」のジェーン・フォンダ、「パリは燃えているか」のシャルル・...

名作映画「裸のジャングル」と「すばらしい世界旅行」昭和TV番組の共通点!
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

名作映画「裸のジャングル」と「すばらしい世界旅行」昭和TV番組の共通点!

0

「裸のジャングル」1965年製作/アメリカ 原題:The Naked Prey65年度 アカデミー賞脚本賞ノミネート。原住民に捕らえられた白人ガイドが何一つ持たずに追っ手から逃げる、という死のゲームを強制される。彼は迫り来る原住民をかわして、生き延びようとする……逃げる男の恐怖を描いたサスペンス。主演コーネル・ワイルドが製作・監督・主演したアフリカの大自然を背景に極限状況の人間を描いたドラマ。アメリカの探検家ジョン・コ...

「さすらいの青春」幻想的な映像といたましい愛。語り継がれてきた青春映画
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

「さすらいの青春」幻想的な映像といたましい愛。語り継がれてきた青春映画

0

「さすらいの青春」1967年製作/フランス原題:Le Grand Meaulnesフランス青春小説のアンリ・アラン・フルニエ『モーヌの大将』の映画化。監督はジャン・ガブリエル・アルビコッコ、出演は「禁じられた遊び」の名子役ブリジット・フォッセーがヒロイン、他にジャン・ブレーズ、アラン・リボール、アラン・ヌーリフランス。1891年。森と湖に囲まれたソローニュ地方。美しく幻想的なヴェールに包まれた映像と痛ましい愛の狭間。青年...

追悼 ナタリー・ドロン その魅力と映画「個人教授」
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

追悼 ナタリー・ドロン その魅力と映画「個人教授」

2

映画「個人教授」 「サムライ」 一時はアラン・ドロンの妻としても日本で人気だったナタリー・ドロンが逝去された。1月22日 AFP】(更新)フランスの女優で、かつて「世界一の美女」の一人とも呼ばれたナタリー・ドロン(Nathalie Delon)さんが21日、死去した。79歳。息子がAFPに明らかにした。元夫の伝説的俳優アラン・ドロン(Alain Delon)さん(85)との間の息子で、自身も俳優のアントニー(Anthony Delon)さんは、「母は...

「ウエストサイド物語」年末BS放映 レストア映像美に驚愕!!蘇った名作。
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

「ウエストサイド物語」年末BS放映 レストア映像美に驚愕!!蘇った名作。

6

年末年始。大晦日からお正月にかけての民放テレビには、数年間個人的にはまったく食指が動かなかった。それならば他チャンネルはどうかな?と 今年もBSプレミアムをチェックしたら「年越し映画マラソン」? あら~案の定、またまた見慣れたラインナップ。年末に「ゴッドファーザー」かあ。Blu-ray持っているし~ここ数年は「風と共に去りぬ」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズ「インディジョーンズ」あたりが定番だし。 ...

ドリス・デイ 永遠のケ・セラ・セラ ♪アメリカの伝説 洋・邦 大スターがいた時代
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

ドリス・デイ 永遠のケ・セラ・セラ ♪アメリカの伝説 洋・邦 大スターがいた時代

2

忙しない毎日。こんなにあらゆる情報網に枝分かれした現在。 日々の出来事が、耳元をシュッと通過するように自然に入ってくる。 個人的にワクワクするようなこともある。たとえば「大谷君が、ホームランを打った!「セリーヌ・ディオンが世界ツアーを発表した!」 こんなニュースは途端に胸躍る。それこそ一瞬でもユウウツなどぜんぶ吹き飛ばしてしまうようなこと。こういうのは大歓迎♪けれどー胸の奥が痛む世相ニュースはもち...