貴重! 山口百恵16歳 水野晴郎と映画について熱く対談した日 スクリーン その芯の強さ
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

貴重! 山口百恵16歳 水野晴郎と映画について熱く対談した日 スクリーン その芯の強さ

2

所有の1975年四月号 雑誌『スクリーン』から山口百恵と水野晴郎が対談した記事山口百恵このとき十六歳! アイドルとして歌も絶好調。テレビでは『赤い疑惑』、映画では主演映画二作目『潮騒』も好調。アイドル街道まっしぐら。洋画映画雑誌『スクリーン』の中。映画評論家であり「水曜ロードショー」の解説~゛映画ってほんとうにいいものですねえ、のキャッチフレーズでお馴染み。水野晴郎さんが、毎月ゲストに海外スターや日本の...

山口百恵「蒼い時」永遠のベストセラー本  なぜこんなに人の心を掴むのか その思いと奇跡の出版経緯
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

山口百恵「蒼い時」永遠のベストセラー本  なぜこんなに人の心を掴むのか その思いと奇跡の出版経緯

6

いまから40年前。それ以後の生きるひとつの指針、バイブル本であり、永遠のベストセラーとなる一冊の自叙伝が発売されました。その本は「蒼い時」1980年9月20日に発売された。 著者は山口百恵 集英社 累計は400万部に近づくといわれている。「解説」山口百恵が引退する時期に出版した自叙伝。分類としては、芸能人の告白本に該当するのだろうが、内容の質の高さは、明らかに、この世に出回っている圧倒的多数の“アイドルの告白...

山口百恵 テレビ放映後の大反響とその類まれな魅力について 貴重映像も!
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

山口百恵 テレビ放映後の大反響とその類まれな魅力について 貴重映像も!

4

この間のNHK「山口百恵ラストコンサート」 スゴイことになりました。百恵ちゃんは被写体としても神がかり的な魅力の持ち主だった。 この写真は特に好きな1枚です。ずっとずっと見ていられそう。先日TV放映後の世間での反響はすさまじかったようで、なにしろ土曜午後でありながら同時間帯の占有率はトップ。しかもラストシーンに至るにあたっては、13パーセント超えだったという!…やはり特別な存在感は時代を超えるのだと、まざま...

今週地上波決定!「山口百恵 武道館ラストコンサート」40年前のあの日へ
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

今週地上波決定!「山口百恵 武道館ラストコンサート」40年前のあの日へ

4

ついに今週、土曜日の昼間、地上波でも放映されます!(先日BS放映の画像から)2020年10月にNHK BSプレミアム/BS4Kで放送された『伝説のコンサート“山口百恵 1980.10.5 日本武道館”』が地上波で放送決定。山口百恵が1980年10月5日に日本武道館で行った最後のコンサートの模様を放送。当時のコンサート収録素材を元に、最新技術でリマスターした映像です。NHK総合で1月30日(土)放送。■『伝説のコンサート“山口百恵 1980.10.5 日本武...

お宝70年代映像ついに発見される!ウィングス「マイ・ラヴ」をコラボする 山口百恵と世良公則 ミュージックフェア
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

お宝70年代映像ついに発見される!ウィングス「マイ・ラヴ」をコラボする 山口百恵と世良公則 ミュージックフェア

4

メディアがこれだけ発達したおかげで、突然とんでもないご褒美が飛び込んできたりします。個人的、苦節、4×年 (笑)  大袈裟でなくほんとうに生きてて良かったー。このまま永久的に見れないと思っていた、長年のファンにとってのお宝映像が数週間前にYoutubeにUPされました。それはー音楽番組「ミュージック・フェア」で、ウィングスの「マイ・ラヴ (ウィングス)」をデュエットする山口百恵と世良公則。79年の映像!いまま...

山口百恵は、カバー曲を歌ってもやっぱり素晴らしかった!
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

山口百恵は、カバー曲を歌ってもやっぱり素晴らしかった!

2

このブログを立ち上げた当初から、カテゴリにもありますが、山口百恵はずっと特別な人。現役時代も、その後も、百恵ちゃんだけは聴き飽きたり、その存在を忘れることはないのです。引退して約40年経っても変わらない、リマスターでアルバムは聴けるし、DVDでも好きな時に観れる。あの時に子供だった私たちには夢のようなことなんだなとつくづく実感する毎日です。まあ曲の良さも歌唱も個性も人としての魅力も尽きることのないお...