究極の60年代~70年代映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』米今月公開♪ブラッド・ピット&ディカプリオ
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

究極の60年代~70年代映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』米今月公開♪ブラッド・ピット&ディカプリオ

2

日常があれこれ忙しく、なかなかブログが更新できず歯痒い日々。そんな中で、大リーグ大谷くんの調子がグングン尻上がりの上昇中!百恵ちゃんが約40年ぶりに本を出版するなど、個人的に「ウホッ」となるニュースが飛びこんでくると、とたんに心がハッピーモードになる。人間、無心になれるスキなもの、自分にとって興味あることを持つということはそうとう大事なものだなと思う。それについて考えるとき、自分を「無」゛ム゛にさ...

ノスタルジーな主題歌と思い出の映画たち♪ラ・ブーム 夢のカリフォルニアなど
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

ノスタルジーな主題歌と思い出の映画たち♪ラ・ブーム 夢のカリフォルニアなど

2

「nostalgic」 =  ノスタルジック (意味) 『遠い懐かしさを覚える。 失われたものに思いを馳せ、恋しい感情をよびおこす。』そう。 決して感傷的とか、なんとなく寂しい気分になるとか、そんなネガティブなことではない。一瞬にして、サビを聴くだけで、その頃に、たちまち引き戻される曲がある。 ただ、ただ、懐かしくて懐かしくて、いとおしい。思い出が瞬く間に甦り、思わず泣きそうになる、自分にとっての思い出の曲。...

ドリス・デイ 永遠のケ・セラ・セラ ♪アメリカの伝説 洋・邦 大スターがいた時代
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

ドリス・デイ 永遠のケ・セラ・セラ ♪アメリカの伝説 洋・邦 大スターがいた時代

2

忙しない毎日。こんなにあらゆる情報網に枝分かれした現在。 日々の出来事が、耳元をシュッと通過するように自然に入ってくる。 個人的にワクワクするようなこともある。たとえば「大谷君が、ホームランを打った!「セリーヌ・ディオンが世界ツアーを発表した!」 こんなニュースは途端に胸躍る。それこそ一瞬でもユウウツなどぜんぶ吹き飛ばしてしまうようなこと。こういうのは大歓迎♪しかし胸の奥が痛む世相ニュースはもちろ...